【スバル レヴォーグ】【試乗レポート】一般人が自分勝手に5段階評価!

スバル

はじめに

個人的な意見で、好き勝手にレビューしたものです! 参考程度にご覧ください!

また、値段が高くなれば性能が良くなるのは当然ですので、値段も考慮しての評価です! (例)1000万円セダンで乗り心地がまあまあ→C、150万円軽自動車で乗り心地がまあまあ→A

※YouTubeの動画に合わせて順次公開していきますので、最近の車では全ての評価が記載されていない場合があります。

評価の根拠

評価の根拠となる動画はこちら!

実車に乗りながらの生の感想です!乗車後に落ち着いた状態で、他車との比較を交えつつ評価したものがこのブログになります!

今回乗車したグレード

スバル レヴォーグ GT-EX
価格:¥3,487,000
全長/全幅/全高(mm):4755/1795/1500
ホイールベース:2670mm
車両重量:1550kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.8L水平対向4気筒直噴ターボエンジン
最大出力:130kW(177PS)/5200-5600rpm
最大トルク:300Nm(30.6kgfm)/1600-3600rpm
燃費(WLTC):13.7km/L

通知表

学年:300万円台〜
クラス:ステーションワゴン

教科観点評価評定
快適性能振動A5
騒音A
疲労感A
運転のしやすさ視界B4
ブレーキA
アクセルB
ハンドルA
運動性能カーブA5
高速走行A
パワーA
内装運転席A5
助手席A
後部座席A
トランクA
コストパフォーマンス5
総合4.8

振動 A

街中の乗り心地良すぎますね、、
後述しますが、この街中の乗り心地でコーナリング、高速走行も良いのはすごい、、

【理由】

先代に比べ、日常域でのサスペンションのストローク量を増やしたことにより、振動、突き上げともによく抑えられています。路面状況を足回りで処理することができています。

特に凹を踏んだときの伸び側のストロークには驚きです。ストローク量も十分ですし、なんと言ってもストローク速度が速いので、タイヤの接地性を感じられるだけでなく、車体が凹に取られる事なく安定します。

一方で、全ての路面情報をシャットダウンするわけではなく、どんな路面なのかは体に伝わってくる味付けです。

また、エンジン振動も非常に少ないです。走行中にはもちろん全く気になりませんし、停車時にエンジンがついていてもほとんどエンジンの振動は入ってきません。

騒音 A

レヴォーグのイメージが一変!
見た目に反して、めちゃくちゃ上質!

【理由】

車に乗り、エンジンをつけた瞬間に「あれ?静かじゃない?」となりました。
エンジンの音が車内に入ってくるのをかなり抑えられています。
(ちなみに外から聞くと普通にエンジン音はしています)

走行中はロードノイズがあるため、エンジンの存在はほとんど感じません。停車時にエンジンが付いていても、不快な音ではなくほとんど気にならないです。

ロードノイズはするにはしますが、そこそこ抑えられていると思います。今までのスバルのロードノイズが大きいというイメージとは一線を画しています。追越車線の巡行でも、そこまで大きいとは思いません、車内での会話、音楽を楽しめるかと思います。

正直こんなにレヴォーグが上質な味付けをされているとは予想していませんでした。見た目はスポーティーでかっこいいですが、中身は結構ジェントルでした。

疲労感 A

これは疲れないですね〜
長距離を走りたくなります!

【理由】

まず当然の話をすると、アイサイトXをつけてしまえば高速道路での疲労はかなり軽減できます。Xになり、渋滞時アシストも追加されたので渋滞時も快適に移動できるかと思います。また、前車の認識、車線の認識も非常に早いので、アイサイトの設定でストレスを感じることも少ないです。

さらに特筆すべきは、アイサイトをつけていない状態でも疲労感はとても少ないことです。まずシート形状が良いです。サイドも丁度よく切り立っていて、窮屈さを感じさせることなく体をホールドしてくれます。パワーシート、チルトテレスコピックステアリングによって、最適なドライビングポジションも取りやすいです。

そして、ハンドル、アクセル、ブレーキも適度な感度で、高速走行時でも気を遣うことなく巡行できます。

視界 B

左斜め前以外の視界は良好!

【理由】

上記の通りなのですが、、

全体として、視界は良いです。見晴らしに関しても高いとも思わないですし、運転しづらいほど低くもありません。バックモニターの画質も良いですし、駐車場の白線にも合わせやすいです。

ブレーキ A

踏み始めから滑らかで、使いやすい!
ブレーキの効きも良好!

【理由】

これも上記の通りなのですが、、

追加でアイサイトのブレーキの話をします。こちらもすごく滑らかです。運転支援によっては、結局自分のブレーキの方が滑らかだし、体への負担も少ないと感じることがありますが、このアイサイトはヒトとも遜色ないスムーズさです。

また、完全停止時の揺れや振動も少ないです。

アクセル B

日常使う分には良いアクセルタッチ!
積極的に踏むとアクセルレスポンスの悪さが目立つ。
あと、アイサイトのアクセルはちょっと過敏、、

【理由】

何気なく運転する分には、アクセルタッチが意識されることはありません。リニアな加速感が味わえます。

ただ、強い加速を求めてグッと踏み込むと、CVTのラグ、ターボラグにより加速が始まるまでに約0.5秒ほどかかります。これも慣れてしまえばなんてことないですが、車に対して素直さを求める方にとってはストレスが溜まると思います。

ちなみに、Sモードに入れても、マニュアルモードでパドルシフトを使って変速していてもアクセルレスポンスは良くなりません。

アイサイトの加速(発進時)は少し激しい感じでした。しかしこれはセンターディスプレイから、クルーズコントロールの加速レベルの設定ができます。
高速走行中の加速は穏やかでした。

ハンドル A

遊びもそこそこ、思い通りのハンドリング!

【理由】

遊びも多少あり、過敏すぎず鈍感すぎず丁度いい味付けでした。

低速、中速では自分の狙ったところにハンドルを修正することなく曲がっていくことができます。
高速ではどっしりしてきて、安心感をもって巡行できます。

カーブ A

トルクベクタリング様様!!

【理由】

やはりトルクベクタリングは偉大ですね。慣れていない人からしたら初めは違和感があると思いますが、慣れてしまえばその性能の高さを手放したくなくなると思います。

自分のハンドルの切れ角よりも明らかに曲がり込んでいきます。

そして凄いのは曲がり込んだ時の足回りです。振動の項目で上質と書かせていただきましたが、曲がり込んで足に負荷がかかると、足は張ってきます。そのため、想像していたよりも横転感、ロール感は少なかったです。これなら、ワインディングも楽しめると思います。

街乗りでは上質で、ワインディングで足がしっかりしてくるなんて、何も言うことないですね。

高速走行 A

当然のオンザレール感!
空力の進化も素晴らしい!

【理由】

個人的に、スバルといえば高速、直進安定性だと思っています。
その予想通りにどっしりとした安定感がありました。高速時でも風や路面によってハンドルを取られることはないですし、何もしなくても真っ直ぐ走ってくれる感があります。追越車線の巡行でも、恐怖感を感じることがないです。スピードの出し過ぎには注意です。

そして、大きく予想を超えてきたのは、静かさです。自分の所有している先代WRX S4も含め、今までのスバル車は安定しているけど、うるさいというイメージがありました。そのイメージを完全に払拭しました。

もちろんロードノイズは入ってきますが、かなり抑えられていると思います。そして、177馬力、300Nmの日本では余りあるパワーによって、エンジンが唸ることなく巡行できます。そして、今回のレヴォーグになり空力が改善されたこともあり、風切り音もよく抑えられています。総じて静かです。

この空力は静かというだけでなく、もちろん直進安定性に効いています。フロントタイヤハウスのアウトレットにより、インテークから大量に取り込んだ空気の圧を抜き、リアバンパーのアウトレットにより、さらに空気溜まりを改善します。

さらにさらに、この車には床下にも空力パーツがたくさんあります。前後の整流板、中央には防音材でできた整流板により静かさと安定性の一石二鳥、軽量化も追加で一石三鳥を実現しています。まさにグランドエフェクトですね、話は変わりますがグランドエフェクトが大幅に大きくなるF1楽しみですね。

パワー A

過不足なく気持ちいい!

【理由】

この177馬力、300Nmというのは日本において十分ですね。低速からの加速ではシートに押し付けられるような加速感が味わえ、追越車線でも問題なく加速していきます。

レヴォーグの素性や外見からしても、ちょうどいいパワーだと思います。これより速くても、こんな速いのは要らないよ〜となってしまうかもしれないですし。これより遅いと、もうちょっと加速あった方が気持ちいいよね〜となる絶妙なパワー感です。

もっと速いのが良いという方には、グレード名にRついたものにしていただくと、2.4Lの275馬力、375Nmを手に入れることができます。それでももっとスポーツが良いという方はWRX S4が待っています。さらに、やっぱりスポーツはMTでしょという方にはWRX STIが、、、まだ発表されていないですね、スバルは環境規制に苦しんでいますが車好きとしてはぜひ頑張ってもらいですね。

運転席 A

座り心地が良い!ドライビングポジションも取りやすい!
意外だったのは、あのでっかい画面、使いやすい!

【理由】

一行目は疲労感の項目に書いたので割愛します。

二行目のことが驚きでした。最近の車はどんどん先進装備が追加され、タブレットかと思うような大きなディスプレイ、メーターが付いたモデルが次々と発表されています。レヴォーグもその一台で、センターには11.6インチ、メーターには12.3インチのモニターが付いています。

まずセンターディスプレイについてです。こういった類のものは初めて触るときには使いにくくて、所有して慣れてくると便利になるものが多いと思います。しかし、このスバルのディスプレイは非常に直感的で初めて使ったのにも関わらず、基本的な使用(エアコンやナビ)で手こずることはありませんでした。より便利に使おうと思ったら、少し勉強が必要だとは思いますが。

あと、スマホ、タブレット以外についているタッチモニターは感度が悪かったりすると思います。ちなみにGoProは感度が非常に悪いです。一方で、このタッチモニターは比較的感度は良好です。タッチをする分には大きな不満はありませんが、ドラッグするとなると少し反応が遅れます。

続いてメーターのディスプレイについてです。こちらも操作に手こずることはありませんでした。そしてなんと言っても便利なのは、ここにナビが表示されることです。目線を中央に向けることなく、地図を確認できます。

最後に、フロントガラスに現在のアイサイトの状況を表示するインジケーターが付いています。ですが、これはあまり目立っていなかったですね。調べてから乗車したので確認しましたが、このことを知らなかったら気づかないかもしれないです。

助手席 A

もちろんデートカーとして活躍できます!

【理由】

座席を一番後ろにすると、身長176cmの自分でもほぼ足を伸ばせます。なので、170cm以下の方であれば、足をピンと伸ばすことができます!

視界も良好で、運転席との近さもそこそこです。乗り心地も上々なのでデートカーとして頑張ってくれると思います。あとデートカーとなると、この外見を車に興味ない方がどう思うかですね。自分のS4は以前、エアインテークを見ながら、なんでここ穴開いてんの?要らなくない?と言われたことがあります笑。

後部座席 A

4人家族であればとても快適に、
5人家族ではそこそこ快適に運用できます!

【理由】

後部座席の膝周りはゆとりがあり、結構広いです。ヘッドクリアランスも良好です。

そして、嬉しいのは後部座席にリクライニングがあることです。一番倒した状態にすると、ゆったりとした姿勢が作り出されます。

5人乗りとなると後部中央のかたは少し我慢は必要です。

トランク A

言わずもがな広い!

【理由】

特に便利なのは、トランク側から後部座席を倒せることです。カローラツーリング以来の機構ですが、ステーションワゴンには基本装備なんでしょうか。とにかく便利です。

ちなみに後部中央席のシートベルトは天井から生えているので、トランク右側のトランク高が侵食されています。

コストパフォーマンス 5

当然の満点評価、逆にスバルさんの懐が心配です。
こんなコスパ良くて、ちゃんと儲けられているんでしょうか。

【理由】

まず、走りの運動性能だけで350万円越えです。乗り心地、ドライバビリティともにお値段以上です。
さらにそこにアイサイトXが追加されていますので、コスパの良さは言うまでもありません。

一方で、もうちょっと頑張って欲しかったのは内装です。350万円だともう少し質感の良さは欲しかったです。

しかし、これだけ運動性能が高いところに内装までいいとなると、手が届かない値段になってきてしまうと思うので、しょうがない所ですね。

総じてコスパはめちゃくちゃ良いです。スバルさんが心配になるくらい。

総評

おすすめの方

元々レヴォーグを考えていた人は、すぐにでも手にした方がいい素晴らしい車です!

旅行好きの方、長距離走行が多い方、非常におすすめです!

家族を乗せるけど、車の性能も欲しい!というパパにもおすすめです!

おすすめできない方

基本は誰にでもお勧めできる車なのですが、

このレヴォーグにスポーティーを求めている方はちょっと待ってください。見た目に反して上質方向の乗り味です。

スポーティーを求める方はまず、STIで電子制御サスの乗り味を確かめてみてください。パワーが足りない人はRのついたグレードへ。まだ足りない人はWRX S4と段階を上げていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました